建築構造ポケットブック

計算例編の概要


本書の構成


第1章 木造
  1. 釘、木ねじによる接合部の耐力の検討
  2. 準耐力壁等の剛性・耐力の評価の検討
  3. 伝統的仕口・継手の耐力評価の検討
  4. 吹き抜け等の柱梁に作用する面外風圧力に対する検討
  5. 梁上壁の耐力や剛性低減の検討

第2章 鉄筋コンクリート構造
  1. 梁主筋の付着の検討
  2. 梁およびスラブのひび割れ幅の検討
  3. 梁およびスラブの長期たわみの検討
  4. 梁主筋の柱内定着長さの検討
  5. 柱梁接合部のせん断力の検討
  6. 基礎梁貫通孔補強の検討
  7. ピロティ架構の検討 (1)−妻側1階耐震壁脚部について−
  8. ピロティ架構の検討 (2)−単独柱について−
  9. ピロティ架構の検討 (3)−連層耐震壁最下層下枠梁等について−
  10. ピロティ架構の検討 (4)−スラブのせん断力伝達について−

第3章 鉄骨構造
  1. 筋かい材の保有耐力接合の検討
  2. 柱梁仕口部の強度確保の検討
  3. 梁の横補剛の検討
  4. 鉄骨造根巻型柱脚の検討
  5. ねじれ応力が作用する梁の検討
  6. 合成梁の検討(1)−単純梁の場合−
  7. 合成梁の検討(2)−スタッドの検討−
  8. 柱梁仕口部の水平スチフナの検討
  9. パネルゾーンの検討
  10. 梁貫通孔補強の検討

第4章 基礎構造
  1. 曲げモーメントを受ける直接基礎の検討
  2. 曲げモーメントを受ける既製杭基礎のフーチングの検討
  3. 引抜力を受ける既製杭基礎のフーチングの検討
  4. 偏心した場所打ち杭基礎のフーチングの検討
  5. べた基礎の検討 (1)−周辺固定度を考慮した基礎スラブの検討−
  6. べた基礎の検討 (2)−端部モーメントを受ける基礎梁のねじりについて−
  7. 地下外壁の検討 (1)−長期荷重時の土圧・水圧に対して−
  8. 地下外壁の検討 (2)−周辺地盤が大地震動時に液状化する場合−
  9. 宅地の液状化可能性判定

第5章 非構造部材
  1. 外壁面に使用する押出成形セメント板の検討
  2. 外壁面に使用するガラスの検討
  3. 屋上に使用するシート防水の検討
  4. 帳壁として使用するコンクリートブロックの検討
  5. 屋上に設置される設備機器の検討
  6. 地下階に設置される設備機器の検討
  7. 墜落防止手すりの検討

戻る


2015年6月25日更新
©建築構造ポケットブック編集委員会